前へ
次へ

代理出産と卵子提供での親子関係

結婚をすれば子供を作りたいと考える夫婦は多くいます。
何とか子供を作ろうと努力するもののなかなかできないとき、不妊治療などを行います。
よくよく調べると、肉体的に子供ができないことが分かるかもしれません。
その時にはなんとか子供が作れる他の方法を模索します。
代理出産や卵子提供は選択肢の一つかもしれません。
代理出産は夫婦の卵子と精子はあるが、妻の体で妊娠や出産が難しい時に行われます。
日本では一般的でないため海外の仕組みを利用するケースが多いかもしれません。
ただこの時生まれた子の法律上の母親は実際に妊娠と主産をした代理母になります。
遺伝子上は実の母であっても、戸籍などでは代理母がその子たちの母になります。
卵子提供は日本でも行えます。
妻側の卵子に問題があるとき、他人から卵子の提供を受けて体外受精をし、それを妻の子宮に着床させて妊娠、出産の過程を取ります。
この時生まれてきた子供は実際に妊娠、出産をした実の母になります。
ただ遺伝子上は卵子提供者とのつながりになるため、将来的に子供に伝える必要は出てくるでしょう。

Page Top