前へ
次へ

成人年齢の引き下げや少年法適用の年齢の引き下げ

何歳になると成人になるかはそれぞれの国で決まりがあります。
20歳に定めている国が多いですが、18歳や16歳などにしているところもあります。
成人としていろいろな権利の区分にするところもあれば、選挙権は何歳、お酒やたばこは何歳などそれぞれで細かく分けている国もあります。
日本では20歳以上が成人として選挙権や契約関係、お酒などの基準になっていましたが、まず選挙権が18歳以上に引き下げられました。
さらに成人年齢そのものの引き下げが行われます。
選挙権同様に18歳以上となり、高校生でも成人の人が出てくることになります。
成人式と受験が重なるなどの問題も指摘されています。
少年法は成人年齢にリンクする部分もあるので、こちらも改正されるでしょう。
少年は20歳未満でしたが、成人が18歳以上になると18歳未満が少年になります。
同じトラブルを起こしたとしても、成人と少年では対応が異なります。
少年は更生するための措置が優先されるためです。

Page Top