前へ
次へ

弁護士の仕事で一番大切になること

法律は身近なものでありながらかなり難しいです。
矛盾点もたくさんあるので、弁護士はその矛盾点をついてきて、言い逃れをすることになります。
弁護士の仕事はほとんど書類作成です。
中には書類作成に慣れていない弁護士も多く、内容証明で送付されてきた書類を読んでも、何が言いたいのか全く伝わらないことも多いです。
後述すると記載していながらその後述が抜けていたりすることも多いです。
それは自分で考えて作成をしていないから、ということもあるでしょう。
ひな形に従って作成をしているので、自分が取り扱っている訴訟の詳しい内容を知らないということがあります。
そうなってくると、弁護士が法廷に立った時に何を言っているのか全く伝わらないということになってしまいます。
弁護士の仕事は依頼人を守るのではなく、正しい判決が下るように事実を明らかにすることです。
報酬のために真実を曲げることではありません。
しかし今は報酬のためだけを考えている弁護士がとても多いです。

Page Top